スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本体がiPadか判定する

iPoneアプリをiPad対応のユニバーサルアプリにしようと作業しております。
下記はよく使うコードなので、メモっておきます。


XCode5.1.1
本体がiPadか判定する

下記がiPad判定のコードでございます。


if (UI_USER_INTERFACE_IDIOM() == UIUserInterfaceIdiomPad) {//iPad
}
else { // それ以外
}


因にiPhoneは、「UIUserInterfaceIdiomPhone」です。
スポンサーサイト

UIViewから特定パーツを取得する

iOS7に対応する為に、iPhoneアプリの作り直しをしています。
新規に作るよりも大分時間が掛かってて面目無いですーー。もっと気合いを入れなければ!

昔のコードを削除するので忘れる前にメモっておこうと思います。
あまり賢いやり方じゃなかったらごめんなさい。


Xcode5.1.1
UIViewから特定パーツを取得

下記はUITextViewを取得するコードで御座います。


//ビューの中からテキストフィールドを取得
- (UITextField*)getTextFieldForView:(UIView*)view{
NSArray *ar = [view subviews];
int arCount = (int)[ar count];
for (int i = 0; i < arCount; i++) {
if ([[ar objectAtIndex:i] isKindOfClass:[UITextField class]]) {
UITextField *tf = (UITextField*) [ar objectAtIndex:i];
return tf;
}
}
return nil;
}



その昔、下記のコードが抜けていて、更に頭が悪かったです..

//そのオブジェクトがTextFieldであるか比較
[[ar objectAtIndex:i] isKindOfClass:[UITextField class]];

色の取得/カラーコード等の参照リンク

iPhoneアプリを開発していて、よく使うコードなのでメモります。


色の取得

//色の取得
- (UIColor*)getColor:(int)num{
UIColor *col;
switch (num) {
case 1://黒
col = [UIColor blackColor];
break;
case 2://赤
col = [UIColor redColor];
break;
case 3://紺
col =
[UIColor colorWithRed:29/255.0f green:26/255.0f blue:143/255.0f alpha:1.0f];
break;
case 4://緑
col =
[UIColor colorWithRed:23/255.0f green:91/255.0f blue:16/255.0f alpha:1.0f];
break;
default:
col = [UIColor blackColor];
break;
}
return col;
}


参照:

カラーコードの生成に使わせてもらってます。
UIcolor Code Generator

基本カラーや、パターン等を参考にしています。いつもありがとうございます。
UIColor - iPhoneアプリ開発の虎の巻

Twitter.Frameworkを使う/トラブル(注意)

iPhoneアプリを開発しました。
Twitter.Frameworkを使ってみたのでメモします。

Twitter.Frameworkを使う/トラブル(注意)

Sumarry
Twitter.framework,
Foundation.framework,
CoreGraphics.framework を追加

.h
#import <Twitter/TWTweetComposeViewController.h>
#import <QuartzCore/QuartzCore.h>
#import <Foundation/Foundation.h>

.m
//iOS5未満はキャンセル
float version = [[[UIDevice currentDevice] systemVersion] floatValue];
if (version < 5.0){
NSLog(@"キャンセルしました。%d",[UIDevice version]);
return;
}

//本題
TWTweetComposeViewController *twitter = [[TWTweetComposeViewController alloc] init];

twitter.completionHandler = ^(TWTweetComposeViewControllerResult res) {
if (res == TWTweetComposeViewControllerResultDone){
NSLog(@" done.");
}else if (res == TWTweetComposeViewControllerResultCancelled){
NSLog(@"canceled.");
}
[self dismissModalViewControllerAnimated:YES]; //※
};
[self presentModalViewController:twitter animated:YES];


※トラブル(注意)

[self dismissModalViewControllerAnimated:YES];

上記の記述を忘れてしまい、以下の不具合が確認できました。
皆さんも気をつけてください。

「ツイートのキャンセルボタンを2回押さなければキャンセルできない

 ツイート後にUIbuttonが押せなくなる(アクション全体を受け付けない?)」

参照
http://cocoadays.blogspot.jp/2011/10/twtweetcomposeviewcontroller.html

xibで作ったキーボードを設定する

iPhone/iPadアプリ開発中です。
オリジナルのキーボードを作ってみたのでメモします。(2012.9.7更新)

Xcode4.3.1

xibで作ったキーボードを設定する
デフォルトキーボードとカスタムキーボード(xib)をすり替える4ステップ


1.Xibでパーツを作成
UITextView(場合によってはUITextField)と
xibでキーボードに使うためのUIViewを作成する


2.「.h」にデリゲートと接続宣言を記述

@interface ViewController : UIViewController<UITextFieldDelegate>
{
IBOutlet UITextView *textView;(場合によってはUITextField)
IBOutlet UIView *keyboardView;
}


3.「.m」にコードを記述

textView.delegate = self;
textView.inputView = keyboardView;

inputViewではなくinputAccessoryViewに設定すると
デフォルトキーボードの上にkeyboardViewが表示されます。



4.KeyboardViewに作ったUIButtonの動作コードを追加する



※iPadのカスタムキーボードのサイズ

iPadのキーボードの高さは、デフォルトのもの以上の高さに設定しても差分が表示できない。

おそらく
固定サイズ意外のUIViewを作成しても
inputViewではデフォルトキーボードのサイズになってしまう。

次の値を守ってxibで作成したら上手く表示できました。
幅:768 高さ:264


Android 3.2 ★★★★☆ 軽くて小さい!

-

最新記事

PR

カテゴリ
有力リンク
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

kototoly

Author:kototoly
ひっそりとiPhoneアプリの開発をしています。

<開発記事について>
記事の不備について責任を負い兼ねますので、ご了承ください。

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

--Food Drink--
Oven Watt Calc
電子レンジ
時間の再計算

----Music----
Tsans Chrod
簡単入力
移調アプリ
---
Voice Checker
歌や滑舌
練習アプリ

---Lifestyle---
Calc of Time
表示切り替え
時間の電卓
---
Dream Life Planner
夢と目標
人生計画
---
Week Table
一週間・24時間
大人の時間割
---
Many iCounter
いっぱいたくさん
カウンター

--Reference--
Color Checker
ブログ色合い
シュミレート

----Game----
Study Puzzle
落ちものパズル
考察機

---Utilities---
HowSpeed
あなたのiPhone
処理時間は?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。